トップページ‎ > ‎Google Apps‎ > ‎

Googleカレンダー

     



概要
Googleカレンダーではミーティングをはじめとする各種スケジュールをメンバー全員と共有することができます。
会議室の予約状況や参加者のスケジュールを確認しながらミーティングをセットアップ。
予定を携帯電話へ転送・通知することもできます。


Google Apps カレンダーでのミーティング設定のしかた (The Official Google Apps Channelより)

Schedule meetings in Google Calender



機能と特長

会議室や施設の予約
Google Apps Premier Editionでは、ユーザーは自分のカレンダーから会議室や施設、設備を予約できます。
会議室、プロジェクタ、備品等のファシリティーを登録して、予約や利用状況を確認することができます。

スケジュール共有機能
ユーザーを会議に招待して出欠確認したり、特定のユーザーとカレンダー全体を共有したり、予定情報を一般に外部公開するなどの機能があります。

Gmailと同期した連絡リスト
Googleカレンダーの連絡リストはGmailと同期しています。
Gmailでメールをやりとりしたとこのあるユーザーのアドレスはカレンダーにも表示されます。

Gmailとの統合
届いた会議のリクエストや招待状をGmailで確認したり、受信ボックスから出欠を連絡できます。

使いやすい操作画面
ドラッグ アンド ドロップでデスクトップアプリケーションのように操作できます。

モバイルでのアクセス
携帯電話のインターネット ブラウザでカレンダーを表示できます。

セキュリティーとプライバシー
カレンダーへのアクセス権はカレンダーの所有者が指定できます。
閲覧権限、編集権限、ネットへの公開など、各自で適切なアクセスレベルを選択できます。

他のカレンダーとの統合
データAPIを使用すると、Googleカレンダーを他のカレンダー ベース プログラムと統合できるため、既存のカレンダーシステムからの移行がスムーズになります。
またクライアント アプリケーションを使用してカレンダー機能にアクセスすることも可能です。

オープンスタンダード
他の形式のカレンダーをインポートしたり、広く使用されているiCal形式でカレンダーを共有できます。

対応ブラウザ
Microsoft Internet Explorer、Mozilla Firefox、Safari などに対応しています。

対応言語
イタリア語、英語 (アメリカ)、英語 (イギリス)、オランダ語、韓国語、スウェーデン語、スペイン語、中国語(簡体、繁体)、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、日本語、ノルウェー語、フィンランド語、フランス語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語に対応しています。


お問合せはこちら